読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にしすーごと。

現役女子高生が本音を綴る学級日誌。

これから先、自分の頭で考えられる人だけが生き残っていける話。

note関連

f:id:nisi_su:20160127204135j:plain

 

note書きました。

note.mu

 

3年前くらいだったかな。東大生が就職できないというニュースが話題になった記憶があります。そういう人ってほんの一握りだと思うんですけど、何も考えずただただ勉強しまくった結果、なぜか東大にいけちゃったという人が就職できなかったというのが実情だったのではないでしょうか。

就活の前になっていきなり自分がやりたいことについて考えるのって、遅すぎるんですよ。

何も考えずに勉強して、何も考えずにネームバリューのいい大学に入って、何も考えずに大企業に就職。何も考えずに社会の歯車として働き、何も考えずに死ぬ。
今までだったら、こうやって何も考えずにそこそこの生活を営んでいくことが可能だったと思います。そうして生きてきた人もたくさんいるはず。

で、私はそれはそれでいいと思ってるんですよ。いわゆる「社会の歯車」の役割って、この社会には必要不可欠なものだし、そういう層がいたっていい。

だけど、これからはそうはいかなくなってくるんです。
企業側もただの歯車を雇うだけではグローバル化した社会で生き残れないことがわかってきて、自分の頭で考えられる人材を欲するようになっている。ロボット産業が発達してきたのも要因のひとつですね。言われたとおりにするだけなら、ロボットにやらせたほうが正確ですから。

今のところ、人間とロボットとの違いって自分の頭で考えられるかどうかなんですよ。そのうち、それすらもロボットにとって代わられるかもしれません。

自分の頭で考えられる人材を欲している最も顕著な企業が、ベンチャー企業です。
みなさん大企業大企業言いますけど、日本の会社の99%は中小企業ですからね。その1%を全国の就活生が取り合ってるわけです。そりゃ大学の偏差値で足切りされるわ。

まあいろんな中小企業があると思うんですけど、社会に新たな価値を生み出すぞ!的な意識高い系ベンチャー企業に勤めれば、バリバリ働けるし、現場で学べるし、鍛えられると思うんですね。非常にやりがいがありそうなイメージも持てます。

 

 

これからは自分の頭で考えないと生きていけなくなると思います。

生きていけなくなることはなくても、いい暮らしはできなくなると思う。昔の、素直であればそこそこ豊かば暮らしができた、古き良き時代は終わりつつあります。

絶対自分の頭で考えたほうが人生は楽しいんですよ。自分の人生の手綱を誰か他の人に預けてしまうことほど、恐ろしいことはありません。

 

じゃあ、自分の頭で考えるようになるにはどうしたらいいのか。そういう話です。

続きはこちら。

note.mu

広告を非表示にする