読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にしすーごと。

現役女子高生が本音を綴る学級日誌。

稼いでないけど中学生プロブロガーな私が思う、プロブロガーの定義。

ブログ ブログ-ブログ論

f:id:nisi_su:20151024185812j:plain

 

「定義なんてないんだから、勝手に名乗ればいいんじゃない?」そう助言されて、ついに「中学生プロブロガー」を名乗るようになったわけですが、本当に定義なんてないのか?とググってみました。

すると・・・

www.ikedahayato.com

ブロガー界のトップを突っ走る、あのイケハヤさんがちゃんと定義してくださってましたw

それは、生計を立てているか否か

 

しかーし!w

そんなの関係ねぇ!(小島よしお)

私は稼いでないけど、プロブロガーだ!

 

プロとアマの違いって、はっきりしたものないですよね。

確かに、「仕事にしてるかどうか」はひとつの基準になるかもしれません。

でも、働けない中学生や、校則でバイト(経済活動)禁止の高校生にとって、その基準はつらい。 そこに当てはまっちゃったら「プロブロガー」を名乗ることができないなんて、ずるいです。

 

にしすーが考えるプロブロガーの定義とは。

中高生の場合は、別に稼いでなくてもいいと思います。

 

日記でない記事をコンスタントに書き続けている

これはかなり重要です。

この年代でそんなことができる人は、圧倒的に少ないです。

 

私も昔はそうでしたが、たいていの人は誰得なのかもわからないような「今日のできごと」を書いては飽きて、やめていきます。内容も、「テストがだるい」「彼氏とけんかした」くらいのものです。

「そんなブログはダメだ!」とか「そんなものは意味がない!」とか言うつもりはありませんが、日記ブログは大抵の場合続きません。

楽しそう!と思ってはじめても、需要があまりなくpvも稼げないので、徐々にモチベーションが下がっていき、更新意欲がなくなっていくんですよね。

 

ブログを書くことで叶えたい夢がある

「ブログを自分の武器のひとつにしたい!」

「将来はブログで生計をたてたい!」

「ブログ以外のメディアでもライターをしたい!」など、

ブログを書くことで叶える夢がある人は、それなりのビジョンを持って更新しているわけです。

その時点で「プレ・プロブロガー」くらいは名乗っていいと思ってますwまた、この場合、憧れだけでなく覚悟をもって書いているということが大切です。

 

まとめ

というわけで、中学生プロブロガーが考える、プロブロガーの定義はこちら!

  • 日記でない記事をコンスタントに書いている。
  • ブログを書くことで叶えたい夢がある。

いやー、シンプルですねぇ。

イケハヤさんほどではないけれどw

 

賛否両論あると思いますが、大人で「ブログを書くことで将来この夢を叶えたい!」みたいなの持ってる人は少ない気がしますし、そう考えると外れてはいないと思うんですよね。

少なくとも、中高生でこれに当てはまってるブロガーさんは全員、プロブロガー名乗っていいと思います。

 

ひつじのヒトコエ

毎日「あれ書こう」とか「これ記事にしよう」とか考えてますw

広告を非表示にする