読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にしすーごと。

現役女子高生が本音を綴る学級日誌。

新しい発信のかたち。音声×ブログの未来とは?

ブログ ブログ-ブログ論

f:id:nisi_su:20151210001853j:plain

 

教育系ブロガー・keitaさんのツイキャスを聴きまして、音声とブログが相互的に影響を及ぼしあって、なにか新しい化学反応が起こるんじゃないかと勝手に希望を感じています。

その日のメンバーは、keita (@namakemono0309) さん、shun (@shun_hatena) さん、いっせー (@kaz98ey) さん、がわ (@01gawasan777) さんでした。

終わりの20分くらいしか視聴できなかったんですけど、「噂の中学生ブロガー」として軽くご紹介にあずかったりブロガーの未来について考えたりと非常に有意義な時間を過ごすことができました。

 

動画×ブログが成功しない理由

Youtubeとブログを同じ強さで使ってる人って、多分いないんですよね。両方やってる人はいるけど、どちらか片方に力を入れている人がほとんどです。完全な二刀流はいません。

 

動画を投稿したことがないので詳しいことはわからないですが、動画とテキストって相性が悪いんだと思います。

動画をつくるプロセスと文章を書くプロセスって全くと言っていいほど違うんですよ。だからこそ、両方やるとなったら知識も時間も労力も今までの2倍は必要になります。

でも、本当にそんなことしてたらどっちも中途半端になってしまう。二兎追う者一兎も得ずです。

 

なぜ音声なのか

音声は、動画に比べて費やす時間が圧倒的に少ないです。

動画は映像と音声で成り立っています。動画とブログを同時にやろうとすると、音声×映像×文章になってしまいます。聴覚×視覚×視覚で、視覚が二つもある。こんなん常人には手に負えませんw

ところが、音声×ブログならなんとかやれそうな気がするんですよ。映像は編集が必要になることが多い。それに対し、音声であれば編集せず一発撮りでも公開することができなくもないですよね。

映像だと、顔出し・身バレなどリスクがあると考える人もいるでしょう。音声だけなら一歩踏み出しやすいのかなとも思います。

 

音声×ブログの未来とは?

最近、イケハヤさんやはあちゅうさんがSoundCloudというコンテンツで音声での発信を始められたようです。

ツイキャスでは、お二人以外にもそこそこ強いブロガーさんたちが音声の配信をし出したことで、これからは「音声×ブログ」という新しい発信のかたちが流行りはじめるんじゃないかなというお話でした。

私個人としても、音声×ブログにはとても将来性を感じています。文章だけでは伝わらない部分をどう伝えるかというのが、ものを書く人の永遠の課題なんですけど、そこを克服できる可能性が見えてきたような気がします。

 

少し前(と言っても数ヶ月前だけど)、ライターが一本500円でお仕事をうける時代がきたという内容の記事が話題になったのは、まだ記憶に新しいと思います。

量産される記事。読み捨てされがちなWebコンテンツ。音声と組み合わせることで、より人の心に残る記事が書けるのではないでしょうか。

Webの未来はまだまだ明るい。私はそう信じています。

 

ひつじのヒトコエ

これからは音声×ブログの新時代がくる!・・・気がするw

広告を非表示にする