読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にしすーごと。

現役女子高生が本音を綴る学級日誌。

成長したければ、中を掘って外へ出ろ!

メンタル

f:id:nisi_su:20151112203805j:plain

 

私、「成長」って二つの過程があると思うんですね。ひとつは「内側を掘ること」。もうひとつは「外へ出て行くこと」。

これらはふたつでひとつ。どちらか片方では不十分です。

内側を掘る

自分と向き合う

これをなくして、成長はありえません。

自分と向き合うことは、常に苦しさを伴います。その痛みに耐え、「もう一人の自分」ととことん対話するのです。

 

実は、自分と向き合うのに最適なタイミングが存在します。それは、すごく嫌なことがあった時や、とてつもなく落ち込んだ時です。

嫌なことは忘れてしまうのがいいと思われがちですが、気分が沈んだときこそ成長のチャンスです。落ち込んだときは、意識が自分に向いている状態です。

 

「なぜ自分はこんなに嫌な気分になっているのか。」

「何がどう嫌だったのか。」

「原因はどこにあるのか。」

「今後、同じことを繰り返さないように自分にできることは何か。」

この辺りを考えていくようにすると、徐々に自分の成長ポイントが見えてくるようになります。

 

特に、4つ目の「今後、同じことを繰り返さないように自分にできることは何か」が重要で、ここをしっかり考えるようにするだけでも、一歩前に進むことができると思います。

 

外へ出て行く

他人の意見に触れる

ここでは、自分の意見をしっかり持つことが前提になります。自分と向き合い、自分なりの考え方や意見が確率されていなければ、他人の意見に流されてしまいかねません。

ある特定の人・グループの意見や考え方を妄信してしまうのは、とても危険です。そこで、様々な人の意見に触れることが重要となってきます。とにかく色々な場所へ出入りし、人と話してみることです。

 

また、書籍やネット上のコラムを読むのも、書き手の考え方や生き方が反映されているので効果的です。

 

あらゆる方法で、自分の意見と他人の意見を擦り合わることで、考えが徐々に深化していきます。

 

発信する

ブログやツイッターなど、自分を発信できるSNSが増えたのはとてもいいことだと私は考えています。

せっかく一生懸命考えたことなんです。ネット上にあげずとも、親しい友人に話して意見交換してみるのもいいでしょう。

自分と向き合ってひねり出したその意見は、あなただけのものです。その考え方自体があなたの個性です。自分の中だけで完結させずに発信してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

人間性が磨かれるのは、新しい考え方に出会い、自分の中で議論を重ね、出た答えを実行に移した時です。

こういうと傲慢かもしれませんが、私は自分と向き合って、様々な考え方に触れ、思考をめぐらせる時間を人より長くとってきたつもりです。おかげで、私の周りには深く考える人が多く集まっているような気がします。人は似た人同士で引き寄せあうとのこと。

 

私自身、まだまだ考えが浅いです。これからもたくさんの考え方と出会い、自分の考えを深化させていきたいと思います。

 

ひつじのヒトコエ

いつもと違うことをして、日常の外に出よう!

広告を非表示にする