読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にしすーごと。

現役女子高生が本音を綴る学級日誌。

意外と気づきにくい?習い事の”やめどき”教えるよ!

f:id:nisi_su:20151004200543j:plain

 

習い事をやめるのって、ちょっと勇気がいりますよね。

私は小学生の頃からたくさんの習い事に通ってきました。

しかし、今でも続いているものはひとつもありませんw

 

今日も、4月から続けてきたホットヨガをやめることにしました。

理由は、わくわくしなくなったから。

 

こんな経験、ありませんか?

習い事を始めたばかりのときのことを思い出してみてください。

その習い事の前、わくわくしてましたよね?

うきうきしながら、今日は何するのかなーって考えたり、

その日はちょっとだけテンションが高かったり。

 

でも、数ヶ月経つうちにそんな気持ちも薄れてきます。

「あー、今日もあるのか」と面倒くさい気持ちが前に出てきて、徐々に惰性で通うように・・・

なーんて経験、あると思います。

 

めんどくさいって思ったらやめちゃおう

習い事を長く続ける必要はありません。

「行くのめんどくさいな」「なんかこれ飽きたな」って思ったら、さっさとやめちゃえばいいんです。

興味を惹くようなものが見つかれば、その時はまた新しく始めればいい。

もう一度興味が湧いたら、また始めればいい。

心にモヤモヤや違和感を抱えたまま習い事を続けても身につきません。

本当にやりたいことだけをやればいいんです。

 

まとめ

ひとつのことを長く続けている人は、本当にすごいと思います。

そのことにずーっと興味を持ち続けられるのは、一種の才能です。

でも、「せっかくここまで続けてきたんだから・・・」と惰性で習い続けるのはおすすめできません。

習い事くらい、本当にやりたいことだけをやりましょうよ。

 

ひつじのヒトコエ

 今の自分に必要なことだけやろうっ!

広告を非表示にする